業務内容

ホーム  >  業務内容

業務内容
Business

出来塗装が行う塗装について

出来塗装は、塗装の中でも焼付塗装を多くご依頼いただいております。焼付塗装とは、塗料を吹き付けてから乾燥炉の中に入れて定着させるもので、一般的な塗装として知られています。
「焼付」という名称は、この行程があることから名づけられました。
また、焼付塗装のなかにも様々な塗装方法があり、弊社では用途により各種対応しております。

メラミン塗装

一般的に「合成樹脂焼付塗装」とも呼ばれる塗装方式です。
アミノ樹脂とアルキド樹脂で作られた塗料を静電塗装し、130℃前後の比較的低温で短時間で焼付を行います。塗膜は保色性が良く、耐候性・耐薬品性・耐磨耗性も平均レベルを有しています。

フッ素塗装

耐久性や耐候性などの化学的性質の安定性が高く、主に屋外の外装などに使用されます。
耐候性は20年以上と言われ、屋外での光沢や色彩の保持性も極めて優れています。

粉体塗装

有機溶剤や水、蒸留水などの溶媒を用いない100%固形分の粉末状の塗料を使用する塗装方法です。
別名「パウダーコーティング」とも呼ばれ、主に静電粉体塗装法(吹き付け塗装)と、流動浸漬塗装法(浸漬塗装)の2方法にて行われます。

常温乾燥型ウレタン塗料

常温ウレタン塗装は、常温の自然乾燥で硬化し、熱変形などはほとんどないため、様々な樹脂製品に塗装が可能です。塗膜は密着性が良く、硬く、耐久性・耐酸性・耐アルカリ性に優れています。
焼付炉に入らない大きな金属製品や焼付乾燥の熱で変色しやすい材質にも使用します。

模様塗装

レザートーン
特殊合成樹脂を主成分とし、レザー感の模様がでる塗料を使った塗装です。
ソフトサテン
特殊ポリエステル樹脂を主成分とし、熱溶融樹脂ビーズを付与したソフトタッチのサテン状模様をだす塗装です。
メタリック
下地であり光の反射層である シルバーの上に 、クリアーカラーを数回に分けて上掛けしていく塗装です。
リンクル
鉄、アルミをはじめ金属部品に対して行う粉体塗装および結晶塗装です。
レザートーンやハンマーネットなどは主に医療機器系での塗装に好んで使われます。
塗装のことでご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
焼付塗装のことなら株式会社出来塗装工業所にお任せください
tel-0774-24-1830
tel-0774-24-1830
fax-0774-23-8253
Webからの お問い合わせ